軽自動車税 増税 値上げ

軽自動車税の値上げ概要

軽自動車税の値上がりは2015年4月からです。
値上がりの概要は、

 

2015年4月以降に購入した新車が
現状7200円→値上がり後10800円
約1.5倍値上がりするということです。

 

現在乗っている車だと2015年4月以降でも軽自動車税の値上がりの対象にはなりません。
対象となるのは2015年4月以降に登録された車。
つまり初年度登録が2015年4月以降となっている車です。

 

年間でみるとその差は3600円ですが、
車は何年も乗るもの。

 

ですので、10年間乗ると考えたら36000円ただで摂取されるということです。
つまり36000円をドブに捨てているのと同じなんです。

 

値上がりはバカにできない?

 

年間で見ると3600円の値上がりですので、

 

大差ないな。

 

そう思う方が多いでしょう。

 

しかし、この年間3600円という値上がりは結構バカにできないもので、
車は何年も乗るものですから、その分3600円が上乗せされていきます。

 

10年乗るのなら3600円×10年間=36000円。

 

この36000円がなにもせずに余計に摂取されていくのです。

 

ガソリン代金になるのならまだしも、ただ36000円あげているのと同じ。
ドブに捨てているのと同じなんですよ。

 

36000円でなにができるか考えて下さい。

 

欲しかったものが購入できる人もいるでしょう。
おいしいものもたらふく食べることができるでしょう。
大切な人にプレゼントも遅れるでしょう。
家計に余裕ができるでしょう。

 

色々なことができます。

 

ですので、そろそろ車の乗り換え時期かなあ。
なんて思っている方は迷わず乗り換えをおすすめしますね。

 

私なら10年落ち、または10万キロに近い車でしたが迷わず今年中に乗り換えます。
そして余計に払わずに済んだ36000円でおいしいものを食べにいきます。

 

消費税増税でも影響が?

 

消費税の増税が2014年4月から始まりますが、
これも軽自動車の購入に影響を与えます。

 

消費税が5%→8%になり、それと同時に軽自動車取得税(軽自動車を購入する際にかかる税金)が3%→2%に値下がりするため、
差し引き車の購入代金の2%高く購入することになってしまいます。

 

150万円の軽自動車の場合3万円高く購入するということになりますね。

 

この3万円と軽自動車税の値上がり分の3万6千円。
合わせて66000円。
これが余計に摂取されることになります。

 

66000円ドブに捨てることができますか?
無理ですよね。

 

そろそろ買い替えのタイミングという方は迷わず買い替えをおすすめします。